シリーズ記事。最終進化系で図鑑№が若い順に行きます。

ピクシーの基本情報
タイプ:フェアリー
特性:メロメロボディ・マジックガード・てんねん(夢) 
種族値:95-70-73-95-90-60

みんなからの嫌われフェアリーシリーズ第一弾。ちいさくなる糞ポケ。運ゲで勝ちたい方には何も言うことありません。勝手にやっててください。

私が注目する点(というか好きな点)は技範囲の広さとマジックガードで珠ダメをくらわない点、そして相手は小さくなるを警戒せざるをえない点です。
どういうことかというと、ピクシーにはちょうはつやおにび、どくどくなどの補助技がかなり飛んでくるのです。マジックガードで全て攻撃技だとそれを無意味にして1回無償で攻撃できます。でんじはは勘弁 
広い技範囲とはいえ所詮は95族珠、しかもタイプ一致技1つですのでムンフォで抜群をつけない限り確2、あるいは確3程度です。なのでS種族値が60で複数回攻撃したいピクシーにとって無償での攻撃はかなり大きいです。(全てのポケモンがそうですが。)


記事序盤で唐突ですが、ずばりフェアリー統一におけるピクシーは「突出した能力こそないが1体だけで十分すぎるほど戦うことができる仕事人的存在」です。


この仕事人的存在はマジガ珠だからこそだと思っています。期待の違いというのがあるかもしれません。ちいさくなるは回避ありきで毎ターンよけるかよけないかのいらぬ不安がある上に、本来勝てない相手にも勝とうとするので負けた時の期待外れ度が高いです。しかしマジガ珠は能力の限界以上のことをさせようにも無理なのでやれることをやります。できることさえしてくれれば満足。

さて、ここからは型の基本に触れていきます。

性格:ひかえめ
特性:マジックガード
努力値:HCぶっぱ
持ち物:いのちのたま
技構成:ムーンフォースかえんほうしゃorだいもんじ10まんボルトorかみなりれいとうビームorふぶきサイコキネシスorサイコショックきあいだまエナジーボールシャドーボールから2つ

まず性格はひかえめ。トリル運用するなられいせいもありです。特性はもちろんマジックガード。強気の読みでやどりぎナットレイに繰り出せるのもいいですね。努力値は個人的にはHCぶっぱがいいです。実数値が202になりますが、マジックガードで珠ダメ・ステロダメ・天候や状態異常などのスリップダメを受けませんので、HP偶数のデメリットがありません。余りの4振りやその他調整はお好きなところように。持ち物は反動なし全技常時1.3倍で帯の上位互換のいのちのたまです。

技ですが、必須技が唯一のタイプ一致で安定して火力を出せるムーンフォースと、鋼に役割持つためのかえんほうしゃorだいもんじ。フェアリー統一で炎技使えるポケモンには覚えさせておいて損はありません。あとは選択。私は10まんボルトれいとうビームで使うことが多いですが、毒に刺さるサイコキネシスも候補です。
10まんボルトが誰に刺さるのかと言われるとアローギャラくらい?みたいな返ししかできないのにいざ戦場に行くと以外に使います。きっと等倍範囲が広いのでしょう。
れいとうビームも同じです。刺さるといえばポイヒグライを棒立ちにでき、後はよく出てくる霊獣ランド。ドラゴンには一致ムンフォでいいのですが安定択がムンフォではなく冷ビという状態はなんだかんだ多いです。10万ボルトで地面を呼んでそこに冷ビが打てると気持ちいい。
サイコキネシスは毒への打点。おまけにムンフォだと確2のASバシャが確1になります。バシャーモは格闘タイプのくせにフェアリー統一に出てくるポケモンランキングぶっちぎりの1位ですので覚えておきましょう。
きあいだまは単ノーマルとヒードランへの打点になりますが、外しを考えると無難にムンフォあたり打って裏につなぐのが安定ではあるでしょう。しかもメガガルーラに対面からだと猫だまし恩返しで倒されてしまうので博打で勝ち筋拾えるかもしれない技程度で考えておくのが無難です。ヒードランにも外すとみがわりで逆に起点を作られかねません。まだめざ地採用した方がマシです。
エナジーボールは水地&ミトム用。なんだかんだ10万で事足ります。
シャドーボールはシャンデラへの打点になります。拘ってないシャンデラがきつい現象はよくあるので(交代読みで打てるなら)ありです。

これが仕事人的ピクシーの基本です。技範囲が広く無難な対応ができ、中途半端な素早さと先制技がないことから最後のお掃除には向いていないため自然と先発が多くなります。相手が深読みしてくれると半壊にまで持ち込むこともザラ。瞑想する型を使ってみたこともありますが、使いにくくて仕方がありませんでした。あれはまさしく迷走でしたね。補助技で候補に挙げるならどくどくです。理由はマジックガードのおかげである程度ですが対耐久に向いているから。サイキネ放射で毒が効かないタイプに対応できるのもどくどくと合うところですね。あとは先発安定野郎なのでステロもありですが、その分技範囲が狭くなることには注意が必要です。

回避率には頼らない!ピクシーは見せ合いで相手にプレッシャーをかけ、対戦でまさかの手痛い一撃を浴びせる仕事人としてフェアリー統一の痒い所を掻いてくれています。



※これはあくまで記事主の感覚であり、全てのフェアリー統一使いに当てはまることではありません。
そのポケモンに持たせる役割や好みの型は人それぞれですので、参考程度に留めておいてください。