フェアリータイプ全般

アローラ 新フェアリーについてただ考える


私はフェアリー統一主です←大事


続きを読む

ボール厳選勢のサンムーン厳選環境考察

既に出尽くした情報だとは思いますが!!!
ボール厳選に革命ですよ!!!



ウルトラボールとかいうクソダサボールのことではありません。
ボール厳選の仕様変更です!!!!!
あと、ガンテツボールに固有エフェクトが付いたのも地味に大きいですね。


続きを読む

フェアリー統一の積みAT要因&起点作り考察(6世代当時)

※注 とても長ったらしいです。また、パーティ考察ではありません。淡々と事実を書き出しているだけとなっています。


自分のフェアリー統一は脳筋クチートがトリル下でボコるというスタイルが基本ですが、フェアリータイプのポケモンはなかなかに器用です。


積み技紹介(図鑑ナンバー順)

続きを読む

フェアリー統一でレート1700台に乗ってしまった【トリルパ】

な  ん  で 

 

https://youtu.be/0ZGlCcqjtnk


この記事を書いた時点で24勝10敗レート1710


続きを読む

フェアリーガチ受けパ

性格補正が全員BかD

今回は受けきって倒すパーティ。正直タイプ統一で受けきるなんて全体にできないと思うけどやりたくなったからしょうがない

パーティこちら(今回写真撮影雑です)
DSC_0864
受けるトゲキッス→うけるキッス→うけキるッス。寒いですね。受けパのくせに毒と鋼をタイプ的に呼ぶせいで安易などくどく採用ができないのが悩み。そして驚異のエアスラなし。どうしてこうなった。使ってみて微妙だったらサイキネがエアスラになります。サイキネはもちろん毒対策(笑)。かえんほうしゃは最初だいもんじだったのですが、PPを取って変えました。

DSC_0865
今回使いたかったポケモン。毒守瞑想ギガドレという型もあったのですが、今回はアロマセラピー持ちのこちらを採用。毒守瞑想ギガドレって、毒守瞑想ドレインキッスのニンフィアでよくね感半端ないですね。今気が付きました作ってきます。高速再生技を獲得して受けポケとして機能することはできるのか!?持ち物タラプのみの真意は!?もうやってて訳わかんねえ!頑張ってくれ!

DSC_0866
かの有名なリベーラさんの妹的な感じで。完全にリスペクトしてますが余りはDじゃなくてCに振りました。役回りはキッスと似るところがあると思います。でんじははクチート用の意味合いが強いです。癒しのねがいは全員用。毒対策と鋼対策。

DSC_0867
今回一番重要なポケモン。やどりぎのタネは皆の大事な回復手段。せめてアローにも宿り木出来たらとバコウのみ。如何にコットンできるかどうか。

DSC_0868
※レベル52まで上がってしまいました。レベル50の実数値は157-106-106-67-116-71です。
HDの変態。攻撃技は完全に迷走中。叩きはじゃれつくでいいのかも…?炎技がキッスだけというのも不安ではあるんですが、割り切っていきます。あと積み技使うときは数値偶数のほうが効率いいのかなと特防ぶっぱせずに防御素早さに振り分けたんですが実際どうなんですか。

DSC_0869
最初にサラダから食べていく系女子。晴れエルフーン構築の感覚が残ってて間違えて物理受けで運用してしまいそうで怖い。頑張って草食と滅びの歌の厳選したらめちゃくちゃ時間がかかった今回の試合前戦犯。上手く使える気はしない。


このメンバーでいきます。身代わり怖すぎてニンフィア入れたかったけど手遅れだった。ちなみに努力値振りは上からHB,HB,HB,HB,HD,HDとなっています。ニンフィアが入る場合はまあフラージェスが追いやられるでしょうね…とりあえず今日使ってみます。

結成!新トリルパ!

もう新しいパーティ一個できましたよ!ただ東京旅行してるだけじゃないんです!東京で厳選してないですけど。

第一トリルパからの続投は3個体です。それではパーティ紹介→
DSC_0654
この型を思いついてポケモンのやるきが出てきました。面白そうな型を見つけると頑張れますねw
特性『いたずらごころ』は、変化技の優先度+1にするのではなく、変化技の優先度+1するもので、もともと優先度が-7のトリックルームはほえるやともえなげなどと同じ優先度-6になるにとどまります。あまり旨みを感じないかもしれませんがトリックルームしようとしたときにほえられることが稀にあるので、事故の可能性が限りなく減らせるのはいい点だと思います。トリックルームのあとは先制おきみやげで相手の火力を削ぎつつ退場したり、後攻とんぼで後ろを無償降臨させたりと貴重なターンを無駄にせず立ち回れると思います。これが今回採用に至った一番の理由です。考察上で一番問題だと思うのはちょうはつをもらいやすいポケモンだということでしょうか。前述のとおり優先度-6で動くため、先制でちょうはつされてしまいます。

DSC_0655
続投。相変わらず仕事してくれることを期待します。アタッカーのその1。

DSC_0656
 続投。エルフーン〈アタッカー〉サーナイトの選出が出来ればベストという感じです。

DSC_0657
眼鏡型をやってみたかった。実はトリルでは使いにくい60族だったりしませんかね。めざパは炎。催眠対策の一角。対戦画面ではノーマル技3つというなんとも白い構成。厳選段階ではCVとCUの親を預けており、産まれた個体によってはめざパではなくシャドーボールを採用していました。ジャッジの時点ですばらしいと言われたので分かってはいましたが無駄にA高いですねこれ。A個体値28になるのでしょうか。ギルガルドやドランがいるだけで出せないので刺す時に刺す感じになるでしょう。アタッカーのその2。

DSC_0658
続投。おきみやげがあるからといって剣舞をする必要はないです。アタッカーその3。

DSC_0659
唯一の積み要因。サナがオボンを持っているためラム。ガッサドランの組み合わせに一番戦えます。オボンではないのでいっそ奇数です。ちなみにこの写真撮影後HP205にしました^p^ 実数値B101D102の余り捨てです。泣く泣く滝登りを切りましたが冷パンのPP増やしてないのでいらないと思ったら変えます。アタッカーのその4。


トリル再生に拘らず耐久が高いメンバーを揃えて殴り合いもできる構え。勝利への期待は高いです。さて、実況再開まで時間もありますし他のパーティも考えてみましょうか。

晴れエルフーンの解説をするけどたいした構築じゃない

動画うp&前パートの次回部分更新&バリヤード記事&この記事=パソコンの死

動画はこちら←クリック

晴れエルフーンとは名ばかりですが、エルフーンを意識して組んだことには変わりありません。
さっそく紹介していきます。

写真は対戦前の選出タイムのつよさをみるで撮影

メレシー(USISA)
DSC_0159
DSC_0158
個体値はB29で妥協してます。ナチュラルダウンロード調整。努力値はHC252S4です。
火力はお察し…ですが高い耐久(とがんじょう)のおかげでなめて舞ってきたポケモンを葬ることもしばしば。とくこうの割に撃墜数は多いです。ただ使いたかっただけなのとガルーラにダメージを蓄積させるいつもの役割、エルフーンが苦手な飛行タイプ・炎タイプ対策担当といったところでしょうか。

エルフーン(もわもわ)
DSC_0161
DSC_0160
主役。レートの闇。31-0-31-30-31-30めざ炎のH252C248S8です。
晴れ成長やってみたい一心で育成しました。まあやりたいことやったもん勝ちということでどうかひとつ。なんだかんだでこの型強かったですね。炎タイプをきっぱりと諦めていますが、フェアリー統一が苦手気味な水ロトムに安定し、晴れ成長も合わさりますと上を取ってひたすら殴るという意外性を秘めた型。耐久が心もとないエルフーンがSに振らずに相手を抜けるのは中々の脅威だと思います。火力がもう少し高ければ…ね。積めれば炎がいない限り止まらないようなポケモンになるので晴れ役にあついいわ持たせると面白いと思います。

トゲキッス(いいひるみ/act1)
DSC_0163
DSC_0162
集計してないので分からないですが一番選出してない気がします。多分気のせい。エアスラッシュよりも威力高い特殊飛行技ください。デデンネ出せないときに足を奪ってクチートに託したり、マリルリが食べれない草を相手する潤滑油になってくれました。いいひるみ先生さすがです。実数値的に努力値はHCぶっぱD4でしょう。

デデンネ(デデンネ)
DSC_0165
BlogPaint
ミラクル個体。一応名前隠しますね。XY最終回で使用したデデンネのどくどくをいかりのまえばに変えただけ。今回のキーマン…キーウーマン?100族を抜きさり裏できっちり倒すためにほっぺできっちり麻痺させます。そしてエルフーンのためのにほんばれ。とりあえず前歯で削るということもでき、早くて厄介なポケモンがいると積極的に出したくなるポケモンでした。HSぶっぱで残りは…Cかな?Bかも?

クチート(Mawile)
DSC_0167
BlogPaint
HAぶっぱ残りDのテンプレ振り。今回のパーティはゲンガーが重くなってしまい、ギルガルドと共存していない限りゲンガーと相打ちになるのが仕事でした。こちらもミラクル産のため親名を隠させていただきます。留学の証ENG。岩技をメレシーに任せ剣舞不意打ちとじゃれつくの併用に成功した型。相変わらずゲッコウガを起点にし、ギルガルドと渡り合い、ゲンガーと心中しながら唯一の物理アタッカーとしていつも通りきっちり仕事をしてくれました。

マリルリ(うけるリ)
DSC_0169
DSC_0168
いろいろ変態型がいた今回のパーティですが、このマリルリが一番の地雷ではないでしょうか。努力値はマリルリって偶然にも素でのHPが175で16n-1らしいを参照。
物理より両受けマリルリ。絶妙に耐久が足りなかったり絶妙に耐久がかみ合ったりといろいろぎりぎりでしたが受け止めきった時の気持ちよさはすごい。してやったり。この写真を撮影した試合も2体を受け切り見事に勝利。
ねっとうはあまりやけどにしてくれませんでしたが、最終日にボッさせまくってごまかされた感じがあります。

part8で言ったようなことしか紹介していない気もするけどまあいいや。基本的にはデデンネ先発でクチートやトゲキッスで処理、エルフーンが刺さるなら迷わず選出、アローやヒートムあたりの厄介どころの炎タイプがいればメレシー出し、高耐久ポケや物理よりのポケモンが多ければマリルリと、デデンネ以外は選出率は横一線だったと思います。デデンネも電気や地面が多く出せない試合もありましたので、全員で戦っている感覚がありますね。柔軟な選出ができるパーティというよりは基本選出が強いわけではないので…なんといいましょうか、組み合わせ自由デスクのような。どんな選出をしても連携が取れるというのは完全に偶然でしたが嬉しい誤算で給金直し。勝敗は負け越しでしたがレートは1500を超えて終えることが出来ました。今後も使えそうなパーティが産まれて嬉しいです。

ではまた。 

相撲を見て

フェアリータイプのポケモン達を番付にしてみたら面白いのではないかと
順位付けはあくまで個人的な感覚なのですが

豆知識、というわけではないのですが、番付は東が西よりも上位とされています
見る際にはそこもふまえていただけるとよく分かるかと思います

東            西
クチート   横綱         
トゲキッス  大関  サーナイト
ニンフィア   関脇    マリルリ  
 ピクシー   小結  ク レッフ ィ 
エルフーン  前頭   ペロリーム
メレシー     2    グランブル
プクリン         3    フレフワン
バリヤード    4      デデンネ   
          5   フラージェス

両横綱にはならなかった。嫁補正抜いてもフェアリー統一のクチートは頭一つ抜けて強い。火力、耐性共に頼りになります。
トゲキッスは基本的に特殊エースですが、耐久が高く補助、耐久もできる優れたポケモン。A以外は最低限以上あり、そのAもはりきりで補えることから「フェアリータイプの600族」とも言われている(?)高ポテンシャル。この番付は個々の能力でつけていますが、クチートの地面をすかせるという点も評価できます。
サーナイトはフェアリー統一だとメガがパッとせず、代わりに器用さで輝くポケモン。火力で押すよりも巧みに相手を翻弄するのが強みです。他のポケモンの理由は割愛。
(除外:最終進化系ではないポケモン。クチート、サーナイトはメガ進化込みの評価。メガしないとフェアリーにならないチルタリス、タブンネは当然の対象外)
記事検索
Twitter
有益な情報は飛び出さないであろうTwitterがこちら。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ