既に出尽くした情報だとは思いますが!!!
ボール厳選に革命ですよ!!!



ウルトラボールとかいうクソダサボールのことではありません。
ボール厳選の仕様変更です!!!!!
あと、ガンテツボールに固有エフェクトが付いたのも地味に大きいですね。


今作のボール厳選の仕様は
1.♂、♀、性別不明のいずれでも、メタモンと組み合わせた場合にメタモンではない方のボールが遺伝
2.異なる種族の♂親、♀親の場合、♀親のボールが遺伝 (例:♂アシレーヌ♀ロコンを預けた場合、ロコン側のボールが遺伝)
3.同種の♂親、♀親の場合、♂♀それぞれのボールが50%で遺伝(モンスターボール♂ロコンとスピードボール♀ロコンを預けた場合、生まれてくるタマゴはモンスターボール、スピードボールのどちらかに入っている)

というもの。これまで不可能だった♂のみのポケモン、性別不明のポケモンのボール厳選が可能になったのも革命ですが、
重要なのは3番です。 


これまで、ガンテツボールを使用するオシャボトレーナーはあることに悩まされていました。それは、
・ガンテツボールを使うと夢特性が使えない
・ガンテツボールであることによって夢特性ではないことが相手にバレてしまう
ということです。
私は6世代のミラクル交換で、ルアーボールコイキングラブラブボールのラルトス、クチートは多く見かけましたが、ムーンボールに入ったピィを見たことがありません
これにはれっきとした理由があるでしょう。
ギャラドス・クチートはいかくサーナイトはトレース、どちらも場に出ると同時に発動する特性で、なおかつ通常特性です。相手にすぐ特性がばれるため、ガンテツボールを使うことによるデメリットはありません。しかしピクシーは、てんねんという夢特性が強力なため、たとえマジックガード型だとしても、てんねんをちらつかせるためにガンテツボールは避けられてきたわけです。 


メジャーどころでいくと、キノガッサなんかも同様です。6世代でテクニシャンキノガッサを使うにはガンテツボールは不可能なのです。逆にガンテツボールを使っていれば、ポイズンヒール型であることがばれてしまうでしょう。 


このように、ガンテツボールやコンペボール、サファリボールには若干の制限がありました。しかし、今作の同種の♂と♀を預けた場合に♂のボールも確率で遺伝する仕様によりそれは解消します。
HGSSから連れてきた♂のキノココ、キノガッサと、XYで用意した夢キノガッサを7世代で預ければ、夢HGSSボールのキノガッサが実現可能な訳です


_________________________________
___
追記なのですが、ゆきふらしロコンも、
SSから連れてきた通常ロコンと、SMで捕まえたアローラゆきふらしロコンで、ガンテツボールいけますね…。通常ロコンとアローラロコンが同種とみなされているか、それとも別種とみなされているかはまだ分かりませんが、一度通常ロコンとメタモンを合わせれば生まれてくる子はアローラロコンですので問題ないはずです。なんとなく貴重なスピードボールを無駄に使ってしまった気分。リージョンフォルムに惑わされてしまいました。




つまり、「HGSSに野生出現し♂♀両方存在する卵グループ未発見以外のポケモン」は、
全て夢ガンテツボール等ができるわけですね!


…合ってる?もし違ったらコメントで指摘ください。
___
_________________________________



ボール厳選勢にとって可能性が広がった第7世代、皆さんもボールに拘ってみればいかがでしょうか。
ちなみに冒頭でウルトラボールをディスりましたが、ポケモンを選んで使えばあれも立派なおしゃれボールになるでしょう。ただ、思考停止でウルトラボールやラブラブボールを使うのはどうなのかなと。
ボールの外観やエフェクトがそのポケモンに似合っているかを総合的に判断して使うボールをチョイスするのがオシャボ勢の真の姿ではないでしょうか。 


それでは皆様!よいボール厳選ライフを!